Top / Gallery - Craftsman
 下絵
京友禅では下絵がとても重要です。下絵の技量で着物全体の空間や、美しさが決まります。
まず自分の中で描いたイメージを、一度職人の方に、原寸大の紙や、ひながたにアウトラインを書いてもらいます。
そして何度か手直しを繰り返し、デザイン上の空間のバランスや、美しさを調整していきます。
アウトラインだけでも、その作品の素晴らしさを創造することができます。
そのアウトラインをもとに、生地に直接青花で描き上げます。
 糸目
青花で書いた生地の上から絵柄の線に沿って、真糊を置いていきます。
この作業は友禅の際、染料が他になじまないように防染する働きがあります。
商品によっては真糊の配合を変えたり、強弱をつけたりするので、その下絵師の絵を熟知してなければなりません。
真糊の職人も絵心を必要とする技術なのです。
 友禅
非常に重要な工程です。色々な筆と刷毛を駆使しながら、糸目で防染された模様のところに色を挿していきます。
刷毛の扱い方次第で、色の美しさやぼかしに差が出ます。ここでは何よりも熟練の技が作品に影響するところです。
またどの友禅師にするかで、出来上がりの雰囲気が違ってきますので、デザインによって友禅師を変えたりもします。
 蒸し
友禅の終わった生地を、蒸し箱に入れ友禅を定着させるために約100度の蒸気で20分から50分蒸します。
色の出方を考慮しながら温度調整などを決め、色の濃い物は何度も作業を繰り返す大変な工程です。
 伏せ糊
友禅をした模様の部分に糊をムラなく置いていき、その上に挽き粉をふりかけます。
この後引き染めをするさい、模様の部分が染まらないように防染するためです。
 引き染め
まず注文の色を調合、試し染めし、その後色合わせした染料を刷毛でムラなく染めていきます。
濃い色などは2、3度重ねて染め上げます。
更に色を定着させるために再び蒸すのですが、蒸しあがりを想定した色染を行います。
染師の熟練の技なくしては、完璧な商品にはなりえません。
 水元
京都でも蒸し水元は既に、数件となってしまいました。この作業はとても大変な重労働を要します。
ここまでに蒸し上がった生地は、良質な水をたっぷりと使用し、余分な染料、伏せ糊などを洗い落とされます。
 金彩
京友禅ではよく使用される金彩。
金の種類は多彩で、金くくりや押し箔、摺り箔、砂子など絵柄によって使用される金は違います。
金彩はセンスを要する工程で、技量ひとつで美しさに差がでます。
 金彩
絹糸・金糸・銀糸を使って、駒使い・管・相(さがら)・纏い(まとい)などの技法の中から、
職人と話し合い、気品と華やかさを持った不二屋らしい着物が出来上がります。